日本医薬品一般的名称(JAN)データベース 検索結果

[検索ページへ戻る]

検索キーワード:クリサンタスパーゼ
検索件数:1


クリサンタスパーゼ
Crisantaspase


クリサンタスパーゼは,Erwinia chrysanthemiから産生されるL-アスパラギンアミド加水分解酵素である. クリサンタスパーゼは, 327 個のアミノ酸残基からなるサブユニット4 分子から構成されるタンパク質である.

Crisantaspase is L-asparagine amidohydrolase, which is produced in Erwinia chrysanthemi.  Crisantaspase is a protein composed of 4 subunit molecules consisting of 327 amino acid residues each.

C1546H2510N432O476S9 : 35053.67
[1349719-22-7]


「日本医薬品一般的名称(JAN)データベース」の不具合に関する問い合わせ
jpdb@nihs.go.jp
国立医薬品食品衛生研究所