日本医薬品一般的名称(JAN)データベース 検索結果

[検索ページへ戻る]

検索キーワード:レノグラスチム(遺伝子組換え)
検索件数:1


レノグラスチム(遺伝子組換え) 日局収載
Lenograstim (Genetical Recombination)


本品の本質は,遺伝子組換えヒト顆粒球コロニー刺激因子であり,チャイニーズハムスター卵巣細胞で産生される.本品は,174個のアミノ酸残基からなる糖タンパク質(分子量約20000)である.本品は,水溶液である.本品は,好中球誘導活性を有する. 本品は定量するとき,1 mL当たり0.40 ~ 0.60 mgのタンパク質を含み,タンパク質1 mg当たり1.02×108単位以上を含む.

Lenograstim (Genetical Recombination) is an aqueous solution in which a desired product is a recombinant human granulocyte colony-stimulating factor produced in Chinese hamster ovary cells. It is a glycoprotein (molecular mass: ca. 20,000) consisting of 174 amino acid residues. It has a neutrophilic leucocyte induction activity. It contains not less than 0.40 mg and not more than 0.60 mg of protein per mL, and not less than 1.02 ×108 units per mg of protein.

[135968-09-1]


「日本医薬品一般的名称(JAN)データベース」の不具合に関する問い合わせ
jpdb@nihs.go.jp
国立医薬品食品衛生研究所